東京での和・洋・中と極上の味を求めて、いろいろ食べ歩いた記録です。


by gokujyounoazi

ラ・ブランシュ

「ラ・ブランシュ」は青山学院大学西門の近くにあり、道に面していて、わかりやすい場所にあるお店だ。階段を上ると、メートルがすっとドアを開けてくれた。予約の名前を告げると奥の席に案内された。この日は祝日で、ランチは満席で予約が取れず、ディナーとなった。

 ミモザを飲みながら、メニューを連れと相談する。ディナーは二種類のコースのみ。一万円のコースにした。

 「豚のリエット」が突き出しとして出された。添えてあるパンにつけて食べる。脂肪分が多いのに、嫌な感じがなく、美味しい。パンが一切れだけでは足りなかった。

 「カリフラワーとトマトのゼリー」が供された。カリフラワーのゼリーは牛乳か生クリームを使ってあり、ムースにも似た味わいがある。トマトのゼリーは透明で、トマトのしずくを使っているそうだ。さっぱりとして、美味しい。

 「白魚の揚げ物 ハーブのクリーム」は白魚数匹を爪楊枝で刺して揚げてある。ハーブのクリームが爽やかで美味しい。

 「フォアグラと新筍と田ゼリのポワレ」は新筍の表面がパリッと香ばしく焼いてある。連れと貴腐ワインを頼む。やはり、フォアグラには貴腐ワインがよく合う。一万円のコースにしては、フォアグラが大きく、嬉しくなる。フォアグラは桃や苺、南瓜などの甘いものとの相性が良いと思うのだが、筍とも結構合っていて、美味しい。

 「ヒラメのポワレとこだわりのキャベツ」も、ヒラメの表面がパリッと焼きあがっていて、キャベツの甘みが合う。ヒラメも美味しいのだが、キャベツの美味しさは極上だと思う。このキャベツとフォアグラを合わせると美味しい一品ができると感じた。

 口直しに「八角のグラニテ」が供される。中華の調味料をフレンチにとは、変わった趣向だが、口直しには良い。

 「和牛のステーキ 温野菜添え」には、グリーンアスパラ・玉ねぎ・菜の花・マッシュポテトが添えられている。マデラ酒と玉ねぎのソースが良く合い、美味しい。菜の花だけは、胡麻油で炒めてある。マッシュポテトは今まで食べた中でも最高に美味しい。上品で、丁寧に作られているのが感じられた。

 途中で運ばれたパンは、春よこい(北海道産小麦粉)を使用したもので、プレーンとアーモンド入りの二種類だ。テーブルにパン皿がないのには戸惑ってしまった。テーブルが狭いので、パン皿を置くと、料理のスペースがなくなるからか?隣の席を見ると、最初に出された「豚肉のリエット」の皿があり、そこにパンが置かれている。無理に、リエットを食べないで、パンが供されるまで、ゆっくりと置いて置けば良かったのかもしれない。

 デザートは5品から選ぶようになっている。「アーモンドのブラマンジェ」と「黒米のリゾット」と「グランマニエのスフレ」が気になり、追加注文させてもらうことにした。スフレは焼き上がりまで20分かかるとのことで、最後にして、他の二品を先に出してもらうことにした。

 スフレの焼き上がりが早く、先に供されることになった。焼きあがってすぐに食べないとしぼんでしまうものだし、異存はなかった。やや、固めのような気がしたが、中はふんわりとして、グランマニエが効いている。赤ワインのアイスが添えられてあった。

 「アーモンドのブラマンジェ」にはビターチョコのアイスが添えられている。チョコのアイスだけでは甘みはほとんどないのだが、ブラマンジェと一緒に食べると美味しい。

 「黒米のリゾット」にはバナナのアイスとバナナチップが添えられている。リゾットはあまり甘くなく、バナナのアイスは酸味が強い。「レストランひらまつ」のリゾットように甘い方が良く、アイスもココナッツアイスの方が合うと思った。ちょっと残念だった。

 コーヒーを頼み、これで終わりかと思っていたら、小菓子が出された。「ルイボスティーとアーモンドプードル(アーモンドの粉末)のクッキー」と「フランボワーズのマカロン(フランボワーズのジャムとピスタチオのクリームが挟んである)」と「チョコレート(トリュフチョコ)」の三品だ。どれも美味しかった。

 サービスで「新黄金柑」という小さいオレンジが切って出された。皮は薄く、甘みがあり、美味しい。

 シェフは二度、席に挨拶に来られた。隣のカップルがあまり喋るので、なんとなくシェフと話しそびれたのが残念だった。メートルは礼儀正しく、新人のギャルソンは、勉強熱心で好ましい。この店の欠点を挙げるとしたら、「花瓶の花が枯れかけている」ことだけだろう。一万円のリーズナブルなコースで、こんなにも素晴らしい料理が頂ける店は他には知らない。シェフの腕もすごいと思うし、経営もうまいのだろう。

 帰り際にお土産を頂いた。客が少なかったので、パンが余ったらしい。おそらく、ランチの時だったら、なかったのだろう。ちょっと得した気分だ。階段を下りたところで、シェフに声をかけられた。フレンチのお店でシェフの見送りは初めてだ。また、違う季節にぜひ訪問してみたいと思った。

 ホームページの「東京食道楽記(極上の味を求めて)」では、男女二人が、それぞれの視点から、食べ歩きの原稿を書き上げております。興味のある方はご覧になってください。
http://www18.ocn.ne.jp/~gokujyou/
[PR]
by gokujyounoazi | 2006-03-25 22:38 | フレンチ